【アクセス解析】ブログをしっかりと読まれているかを確認するには?

2017年8月20日

 

「アクセス数が多い=記事を読まれている」

そう思っている人は意外に多いです。

 

しかし、アメブロをはじめとした無料ブログのアクセス解析ツールでは、アクセスした人だけではなくGoogleクローラーなどのロボットのアクセスもカウントされていると思われるため、その数値には注意が必要です。(アクセス数が多いからといって、必ずしも人間が読んでいるとは限らない)

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

アメブロの正しいアクセス状況を知るために「Googleアナリティクス」を入れてみた!

 

今回は少し趣きを変えて、「読者がブログにアクセスしたとき、しっかりと読んでもらっているか?」について、その確認方法について述べております。

 

SPONSORED LINK

わずかな時間のアクセスでもPVはカウントされる

「これだけアクセスがあるのだから、記事もしっかりと読んでくれているに違いない!」

このように考えている方は意外と多いです。

 

しかし、「ブログにアクセスしたけど、ページを開いたら印象が良くなかったので、すぐにページをクローズした」場合はどうでしょう?

 

もちろん、この場合もアクセスしていることには変わらないので、PVはカウントされます。
つまり、「時間をかけてしっかりと記事を読もうが、すぐにページから離脱しようが、ページにアクセスすればPVとしてカウントされる」訳です。

 

このため、PV数を見ているだけでは、ブログがしっかりと読まれているのか?すぐに離脱されてしまっているかは分かりません。

 

しっかりと読まれているのか?すぐに離脱されてしまっているのか?を確認するには、別の指標を見る必要があります。

 

記事がしっかりと読まれているかを確認するには?

「記事がしっかりと読まれているのか?それともすぐにブログから離脱されているのか?」を確認するには、ブログの「滞在時間」を確認する必要があります。

 

しかし、「滞在時間」は無料ブログのアクセス解析機能では分かりません。これを確認するには「Google Analytics」を設置する必要があります。

 

もし、本気で「ブログで情報発信を行い、見込み客に読んでもらいたい」と思うなら、必ずGoogle Analyticsを設置すべきです。

 

なぜなら、通常の無料ブログのアクセス解析機能では分からない改善ポイントをGoogle Analyticsは示してくれるからです。今回紹介する「滞在時間」もその一つです。

 

「滞在時間」が長いとブログに興味を持たれ、記事もしっかりと読まれていることが伺えます。反対に「滞在時間」が数秒といった具合に短いと、「ブログがイメージと違った」「記事が面白くない」などの理由が考えられ、何らかの改善をしなければならないことが伺えます。

 

もちろん、ブログの改善点は他の指標も見ながら総合的に判断する必要がありますが…

 

とはいえ、アクセス数ばかりを見て一喜一憂していては売れるブログはいつまでたっても出来ません。「Google Analytics」を導入し、「滞在時間」などの指標をみながら改善に着手すべきです。
特に今回紹介した「滞在時間」はブログに留まっている時間を示します。

 

ブログに長く留まってもらえるためにはどんな記事を書けばいいのか?

そんな工夫の継続が「売れるブログ」をつくることに繫がるのです。

 

まとめ

  • 「しっかりと読み込まれているのか?そうではないのか?」を判断するには「滞在時間」を参照すべし!

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン