【ブログ運営論】「3秒ルール」を突破するために必要な3つのこと!

 

「3秒ルール」って聞いたことがありますか?

 

これは「第一印象は初対面の3秒で決まる」ことを表したルールです。実はこの「3秒で決まる第一印象」こそが、その後の相手の印象やココロに大きな影響を及ぼします。

 

例えば就職試験の面接。面接官は受験者が入ってきたわずか3秒で合否を決めてしまうそうです。そして、その印象は時間が経過してもほとんど変わることがないそうです。

 

ブログも同じ!

 

Googleの検索ページやブログサービスなどのランキングページに気になるタイトルのブログや記事を見つけたのでクリックしてみたけれど…ご自身の行動を振り返ってみるとよく分かるはず!「ブログを読む、読まない」は一瞬で判断しているはずです。

 

アクセスしてきた人は、「ブログのぱっと見」や「欲しい情報の有無」を3秒程度で判断し、読む、読まないを決めております。

 

逆にいえば、3秒ブログに滞在してもらえたら、(途中離脱の可能性があるにせよ)ブログを読んでもらえる可能性は高まります。

 

このため、ブログを読んでもらうためには「3秒」を突破する必要があります。そして、「3秒」を突破するためには、まず、以下の3つのことに心血を注ぐ必要があるのです。

 

それは「ブログヘッダー」「文字の大きさと行間余白」、そして「リード文」です。

 

それぞれ以下で詳しくお話しします。

 

SPONSORED LINK

ブログヘッダー

「ブログ全体レイアウト」は、訪問者に、あなたのブログに対する印象に対する大きな影響をあたえます。

 

例えば、多くの方はブログを訪問したとき、ブログヘッダーをみます。ヘッダーがショボいと、ブログ全体に対してもショボい印象を持ってしまいます。逆にヘッダーに対する印象が良いと、ブログ全体に対する信頼感も増します。

 

ブログヘッダーは「ブログの顔」です。、ブログヘッダーはデザインを作りこんで設置すべきです。

 

文字の大きさと行間余白

文字の大きさと行間余白は「読みやすさ」に影響します。

 

仕事で渡された資料が文字ギッシリで行間がほとんどないものだったら見ただけで読む気をなくしますよね?

 

ブログも同じです。

 

仕事なら文字ギッシリで行間がほとんどない資料でも仕方がなく読むかもしれませんが、必ずしも読む必要性のないブログならば、「読みづらいから別の記事を当たろう!」となってしまいます。

 

いくら記事の内容が良くても、「読みづらい!」という印象を持たれたら、ブログを読んでもらうことはありません。

 

リード文

リード文とは記事先頭の”出だし”を指します。

 

先頭行を読んで、「この記事、なんかつまらないなあ…」と思われたら、その瞬間にブログから離脱されます。

 

なので、結論を先に書くなど、続きの内容に興味を持ってもらえるよう、リード文には注意を払う必要があります。

 

最後に

せっかく一生懸命書いた読者に役立つ内容の記事が、ぱっと見のブログの印象によって「読んでもらえない」となったら悲しいですよね?

 

でも、ご自身でも他のブログを見たときに、ブログの印象によって、「読む、読まない」の一瞬の判断はよくやっていることのはずです。

 

なので、自分のブログを読者の目線で見直し、「読んでみたい」と思うよう、ブログのカスタマイズをはじめとした小さな改善は常に必要です。

 

先に述べた3点をもとに、是非、一度ご自身のブログを見つめ直してみてください。

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン