なぜ「書く」は難しいのか?

 

「書く」がますます重要なスキルになっております!

 

仕事においては、主なコミュニケーションとしてメールが使われております。また、自分の提案をお客様に伝えるために「提案書」を作成する。企画を上司や関係者に伝えるために、「企画書」を作成します。当然のことながら、自分の伝えたいことを文章に書き、相手に伝えようとします。

 

また、仕事以外でも、友人とのコミュニケーションにおいては、LINEやSNSを使うことがもっぱらです。これらのツールは”文章”によってコミュニケーションが行われます。ひと昔は、何か伝えたいことがあれば、電話による会話でコミュニケーションを行うことがメインでしたが、今は”文章”によるコミュニケーションの比重がますます高まってきています。

 

このため、「書く技術」が、ますます「現代における必須のスキル」となってきております。

 

SPONSORED LINK

「文章を書く」目的とは?

誤解を恐れずに言うと、文章を書く目的は「自分が有益だと思う情報や自分の考えを伝えることで、読者を動かすこと」にあります。

 

例えば、なぜお客様に提案書を書くのでしょうか?それは、お客様に提案の内容の有益性を認めてもらい、提案した商品やサービスを購入してもらうためのはずです。

 

また、なぜブロガーはブログを書くのでしょうか?それは、ブログ記事を読んでもらうことを通じて、自分の発信している情報や内容を読者に共感してもらうためです。

 

自分の思いや考えを載せた文章に、読者が”共感”や”行動”といった形で現れたとき、「文章を通じて発信してよかった!」と思うはずです。

 

なぜ「書く」のが難しいのか?

しかし、「書く」ことを苦手としている人は意外と多いものです。
では、なぜ、「書く」ことを苦手と感じるのでしょうか?

 

それは、同じ伝えるでも「話す」とは違うスキルが求められるからです。
「話す」ことにおいては、実は言葉だけで伝えているわけではありません。対面で話すとき、声色、身振り手振り、表情など、”言葉以外”の道具も使い、相手に伝えようとします。

 

しかし、「書く」においては、基本的に言葉以外の道具を使うことはできません。”言葉のみ”で自分の考えを伝え、相手を動かす必要があるのです。そのために必要なのは「自分の考えを言葉に落とし込むこと」です。だが、どうやって、自分の考えを言葉に落とし込むか?……ここに難しさを感じ、悩んでいる人が多いのです。

 

自分の考えを言葉に落とし込めるようになったとき、「書く技術」は一生ものの武器となる!

「現代は言葉で評価される時代」と言っても過言ではありません。

 

ブログでずっと発信していた内容に多くの人が共感し、一躍有名人になった無名のブロガー!SNSでの発信に多くの人が共感し、ブレイクを果たした無名の人!

 

これらの人は、「書くを武器として味方につけ人」です。

 

ただメディアを読んで情報を消費する側となるのか、自分が伝えたいと思うことを伝える側に立つのか?これは今後の人生において、大きな分岐点となります。

 

また、ブログやSNSでなくとも、”書くスキルの向上”により、「お客様にメールで伝えたいことをきっちりと伝えられるようになった」、「上司への説明がやりやすくなった」と仕事において効果を実感した人は多くいます。

 

「書く技術」「伝える技術」を高めることは、一生ものの武器となります。

 

「書く」を武器にするためにまず必要なのは、「自分の考えを言葉に落とし込む」ことです。これがスムーズに行えるようになったとき、「書く」ことに対する苦手意識は取っ払われ、「書く」はあなたにとっての武器となるはずです。
「書く技術を一生ものの武器」とするために、このブログでは、必要な考え方やスキル、参考となる本を、今後紹介していきます。

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン