「交流をしながらブログを育てる」という考え方!

2017年5月29日

 

「ブログを毎日書いているけど、アクセスアップにつながらない……」

ブログを書いている人ならば、アクセスが少ないとへこみますよね?

 

私も7年前にseesaaブログで『ビジネス書のエッセンス(ビジネス書書評ブログ)』という書評ブログを立ち上げたとき、最初の頃はアクセスが少なく、「どうやったらアクセスが増えるだろう」と悩みました。

(注)その後、何回かブログ引っ越しを行い、今はWordPressで『ビジネス書のエッセンス』を書いています。

 

そんな中でアクセスが増えていったのは「Twitterでフォロワーと交流を深めていった」ことが大きな要因でした(その後、Twitterのアカウントが乗っ取られ、新しいアカウントに移行した経験あり)。そこから学んだのは「交流を通じて相手から学び、ブログを育てる」ということです!

 

最近、「ブログのアクセスがなかなか増えない」という相談を受けたので、自分の昔を振り返りながら、この記事を書きました。

 

SPONSORED LINK

ブログにアクセスが集まらない理由とは?

最初にハッキリと言っておきます。

毎日ブログ記事”だけ”を書いたからと言って、ブログへのアクセスが増えるとは限りません。

なぜなら、「多くの方は、あなたのブログを知らない」からです。

 

なので、ブログへのアクセスをアップさせるためには、記事を書いてブログを充実させるとともに、「あなたのブログを知ってもらう努力が必要」となります。

 

交流がアクセスアップのキッカケとなる

翻って自分の経験を書くと、私が著者さん、編集者さんなど、多くの方に自分のブログを知ってもらったキッカケは、Twitterで書評を書いたことを知ってもらったことでした。

 

もちろん、著者さんや編集者さんは私が書評を書いたことは知らないです。なので、Twitterで相手に知らせ、知ってもらいました。

 

ビジネス書のエッセンス(ビジネス書書評ブログ)』を書いていた当時はTwitterの黎明期!Facebookが日本で流行する前の時代であり、「主なSNSはTwitterかMixiか?」という時代でした。

 

Twitterの便利なところは「気軽にフォローでき、交流できる」ということ!著者さんや編集者さんとのやり取りを通じて、フォロワーさんが増え、また、他の書評ブロガーさんとも仲良くなっていきました。

 

そして、他の書評ブロガーさんの記事を読むことで、「こういう表現の仕方があるのか!」「こういう視点があったか!」など学ぶことが増えていきました。それを相手に「感想」や「良かった点」をリプライする!そういったことを繰り返していくうちにTwitterからのアクセス数が増え、多くの方から見ていただくようになりました。

 

「交流」と「学び」がブログを育てる

ブログを育てるということは、

  • 良い記事を書きながら、コンテンツの”量”を増やす
  • 多くの方に自分のブログを知ってもらいながら、アクセスの”数”を増やす

ということが必要です。

 

ただ一方的に発信をしても、知らないブログを見てもらうのはなかなか難しいもの。それに、他のブログの記事から学べることは多いものです。なので、他のブログから学んだことを積極的にコメントやリプライしてみてはいかがでしょうか?リプライすることで交流が生まれます。

 

また、交流を通じて「相手の周りにいる方との交流」が更に生まれます。「交流が交流を呼ぶ」ことで、相手の周りにいる方からのあなたへのブログへのアクセスが生まれます。それが結果的にアクセスアップにつながるのです。

 

ただ、交流を増やすためには「相手に役立つ良い記事を書く」ということが前提になります。良い記事は「相手との交流の媒体」となります。

 

良い記事を書きながら、「自分が良い」と思った記事を書いた相手との交流を行ってみてはいかがでしょうか?それが、あなたのブログを育て、ひいては「幹の太いブログ」となっていきます。

 

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン