STEP3:自分の強みとお客様のニーズのマッチングを確認する!

2017年7月10日

15回に渡って書いている「売れるブログをつくるための15のステップ!」。過去2回はこちら!

 

 

そして、第3回の今回は「STEP3:自分の強みとお客様のニーズのマッチングを確認する!」です。

 

今回はSTEP1とSTEP2のマッチングとなります。

 

SPONSORED LINK

なぜマッチングが必要なのか?

あなたが伝えたいことと読者が必要としていることが一致していなければ、あなたのブログから売れることはありません。

読者のニーズに応えるからこそ、あなたの商品やサービスが必要とされ、そしてそれが「売れる!」につながります。

 

図にすると以下のようになります。

 

「競合の商品やサービス」とは交わらない「あなたの強みとなる商品やサービス」と「お客様のニーズ」が一致する場所、これを「バリュー・プロポジション」と言います。

この「バリュー・プロポジション」を見つけて発信することが「あなただけが提供する価値」となり、「売れるブログ」をつくる大きなパワーとなるのです。

 

無理に強みをつくってもマーケットがなければ売れない

USPとして独自のポジションを肩書きとして表すということで「一目見ただけではよく分からない肩書き」をつける人がおります。

 

参考に以下の記事をご覧ください。

 

この記事では「あなたの独自の価値を肩書きで表すとしても、その肩書きの仕事は本当にあるのか?」ということを提起いたしました。いくら肩書きで独自性を打ち出しても、必要としている人、そしてマーケットが存在しなければ売れることはないのです。

 

なので、あなたの独自の価値がてお客様に必要とされ、かつマーケットとして存在していることをマッチングを通じて確認作業を行うことが必要なのです。

 

逆に、あなたの独自の価値がマーケットに必要とされていることが分かれば、メディアを通じてきちんとお客様に届けば、あなたの商品やサービスは売れるようになるはずです。

 

そのために、STEP4以降では、あなたの価値をお客様に届けるための仕掛けをつくっていきます。

 

 

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン