【STEP4】なぜキーワード戦略が必要なのか?

 

基本的にブログは「プル型メディア」です。プル型メディアとは読者に自分のブログを訪問してもライブ、読んでもらうタイプのメディアを指します。従って、「いかにして見つけてもらうか?」を考える必要があります。

 

翻って自分たちの行動を振り返ると、何か悩みがあったとき、私たちはGoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを入力して検索をかけます。

 

そして、検索をかけた結果、自分のブログが表示されれば、自分のブログを訪問してもらえる確率が高まります。

 

なので、自分のブログに関係するキーワードを選定して自分のブログに織り込むことは、検索エンジンを通じて自分のブログを見つけてもらうためにも非常に重要になります。

 

SPONSORED LINK

キーワード選定の進め方

キーワード選定は以下のステップで進めていきます。

 

関連キーワードを出来るだけたくさん洗い出す

STEP3で洗い出した「読者が求める、あなた独自の強み」に関連するキーワードを洗い出します。

ただし、「コーチング」「コンサルティング」といった用語(ビッグキーワード)は抽象的であり、また、多くのライバルが使う用語でもあります。

なので、これらビッグキーワードを更に具体的に表した関連するキーワードも洗い出します。

 

以下の視点で考えると非常にやりやすくなります。

  • 種類や言い方を変えてみる
  • 粒度を細分化してみる
  • 目的を書き出す
  • 立場を変えてみる

 

これらの洗い出したキーワードをExcelなどでリスト化しておくと、後のステップでキーワードを活用する際に非常に便利です。

 

競合のサイトを見てみる

洗い出したキーワードから優先度に応じて実際にGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索してみましょう。

 

そして上位に表示されたサイトを実際にみてみましょう。

 

「どのようにキーワードを使っているのか?」「関連するキーワードが何があるのか?」「競合しないキーワードはどれか?」など、参考になる情報があるはずです。

 

そして、使えそうなキーワードをリストに追加しましょう。

 

Googleキーワードプランナーでキーワードの需要を確認

GoogleキーワードプランナーはGoogle社が提供する月間平均検索ボリュームなどの情報を提供してくれるツールです。

 

Googleキーワードプランナーを使うにはGoogleアドワーズのアカウントを開設する必要があります。なお、詳細の使い方は別途紹介いたします。

 

ここでは先にピックアップしたキーワードを1つずつ入力し、キーワードのボリュームを確認します。

 

検索レベルは最小レベル10〜100でもOKです。逆に1万以上のボリュームだと競合も多くなるので避けた方が良いでしょう。

 

そして複合キーワードをピックアップしましょう。

 

ピックアップしたキーワードをリストに追加していきます。

 

 

こうしてピックアップしたキーワードは、STEP5以降でブログに反映し、「検索されやすいブログ」としていきます。

 

次回もお楽しみに!

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン