【STEP5】TOPページに書くべき内容とは?

2017年7月25日

 

トップページは「ブログの入り口」となります。

 

多くの訪問者はトップページを見て

  • ブログの印象
  • 参考になりそうな記事の有無

など、訪問するかどうかを判断します。

 

従って、トップページが「見づらい」「文字が小さく読みづらい」「必要な情報がどこにあるのか分かりづらい」などといった印象を訪問者に与えてしまうと、訪問者はそれだけで読む気を失せます。

 

逆にトップページで好印象を与えることで、訪問者に「ブログへの期待感」を抱いてもらうことができます。

 

では、ブログのトップページには何を書けばいいのでしょうか?

 

以下に記載いたします。

 

SPONSORED LINK

ヘッダー画像

ブログを開いたときに一番最初に目に入る情報が「ヘッダー」です。

 

従って、ヘッダーの良し悪しが「ブログを見る/見ない」の判断に大きく関わってきます。

 

特にビジネスブログは、「ブログタイトルだけなのか?」「ヘッダー画像を用いて表現いるか?」によって、ブログへの信頼度は大きく変わります。

 

なぜなら、ヘッダー画像がしっかりとしているだけで、「このブログの発信している情報はしっかりとしていそう」と安心感を与えることができるからです。

 

ブログを見る、見ないの判断はほんの一瞬です。

 

ほんの一瞬で未来のお客様の心を掴むために、ヘッダー画像には力を注ぐ必要があります。

 

もちろん、以下に記載のタイトルやブログの説明も、配置を考えてヘッダー画像に盛り込んでいきます。

 

ブログタイトル

「このブログではどんな情報を発信しているブログなのか?」

多くの訪問者は、検索したブログのタイトルを見て判断し、サイトを訪問します。

 

そのため、ブログのタイトルは「自分が何を発信しているのか?」を分かるようにする必要があります。

 

また、ブログのタイトルは、STEP3で洗い出した「未来のお客様が欲しいと思う、あなた独自の強み」を盛り込んだものにしなくてはなりません。

 

人は情報をわずか数秒のうちに「見る!見ない」の判断を行います。その一瞬の判断に当たって、タイトルは判断のかなり大きなウェイトを占めております。

 

未来のお客様に訪問者としてブログに訪問してもらうためには、相手にとって興味を持つ内容を発信していることを知らせるタイトルにする必要があります。

 

ブログの説明文

しかし、ブログのタイトルだけではどうしても「このブログは何を伝えるブログなのか?」を知らせるには限界があります。

 

そこで「このブログは何を伝えるブログなのか?」を説明することが必要となります。

それを表すのがブログの説明文となります。

 

では、ブログの説明文にはどんなことを書けばいいのでしょうか?

それは、「あなたの理念やブログのコンセプト」です。

 

具体的には以下の点にはなります。

  • あなたがビジネスで目指す理想の世界
  • あなたが訪問者に与えるメリット

 

そして、検索エンジンからの流入を狙い、説明文にはSTEP4で洗い出したキーワードをしっかりと入れてください。

 

最後に

トップページの印象によって、あなたのブログを訪問したいと思うのか?思わないのか?が大きく変わります。

なので、自分で自分のブログのトップページを見て、「どんな印象か?」を訪問者目線で見直すことが必要です。

 

そして、時にはターゲットに近い自分の友人や知り合いに協力をもらいながら自分のブログをパッと見てもらい、「訪問したいと思うか?」などの意見をもらうのがいいでしょう。

 

そして見直した結果、または友人や知り合いからもらった意見をもとに改善していきます。

 

売れるブログをつくるのは一朝一夕ではいきません。継続した改善が必要です。

 

しかし、改善を継続することで、やがて手答えを感じるようになります。その手答えはブログの雰囲気にも表れ、「ブログで売れる」という結果につながっていくはずです。

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン