【申し込みをもらう】読者は記事を読むかどうかをタイトルで判断する!

2017年9月14日

ツイッターやfacebookにブログの記事をシェアした場合、通常はサムネイルの写真とともに「記事タイトル」が表示されます。

また、Googleの検察ページの場合、「記事タイトル」が表示され、そしてリード文が続いて表示されます。

 

大抵の場合、読者はfacebookやGoogleで目の前に表示された情報に対して読むか読まないかを記事タイトルを見て判断します。

 

なので、記事タイトルがターゲットとなる読者の興味がある内容を想像させるものでなければなりません。

 

逆に言えば、どんなに素晴らしい内容の記事であったとしても、記事タイトルが読者の興味を掻き立てるものでなければ、クリックすらしてもらえません。

それほど、記事タイトルは重要なものなのです。

 

一つ例を示します。

あなたがとある勉強会に参加したとし、以下の文章を書いたとします。

 

(例文)
「集客のためにはブログを書くのが良い」と言われて始めたブログ。

しかし、ブログを始めて半年たったが、私のところには1件の問い合わせも来ない……..

「何が悪いんだろう……..」と思い悩んでいたところで見つけた以下の1件のセミナー告知!

 

  • 「あなたも簡単にできる!ブログで集客するための4つのポイントを教えます」

 

私は思い切ってこのセミナーに申し込み、そして今日、セミナーに行ってきた!

 

行ってみた結果は、「目からウロコ」だった!

セミナーで教わったことは以下の4つ。

  1. 読者の知りたいことを具体的に想像せよ!
  2. 1記事1テーマで書く!
  3. 少ない文字数で的確に表現せよ!
  4. タイトルで「読む/読まない」が決められる!

 

 

どちらかというと、今までは「自分の書きたいことを書いていた」だけだった。

読者のことなど、あまり想像もせずに書いていた。

 

しかし、読むのも評価するのも読者であることを考えたら、「読者に伝える」という視点が欠けていたのかもしれない……..

 

これからは、今日のセミナーで学んだ4つの点を心掛けながらブログを書いていこう!

(例文ここまで)

 

そして、上記の例文に対して、以下の2つのタイトルを考えたとします。

 

  1. ブログセミナーに行ってきました!
  2. 目からウロコ!ブログセミナーで学んだ「読まれるブログ」を書く4つのポイント!

 

あなたは、どちらのタイトルだったら「記事を読んでみようかな?」と思いますか?

 

どちらもタイトルでブログセミナーに行ったことがわかります。

 

しかし、印象は違いますよね?

Ⅰは日記を感じさせるタイトルなので、ブログを書いている人と親しい友人やブログの熱烈なファンの方ならクリックするかも?

しかし、「このブログからノウハウを学びたい」と思う読者はスルーしてしまいそうですね!

 

逆に、Ⅱは学んだノウハウを伝えることを感じさせるタイトルとなっております。このため、「このブログからノウハウをしっかりと学びたい」と思っている読者がクリックしそうですね!

 

このようにタイトルの付け方によって、受ける印象は大きく変わります。

 

なので、読んでもらいたいと思う読者が興味を持ちそうな切り口でタイトルをつけることが重要です(記事ノウハウ内容とタイトルがかけ離れないことが前提です)

 

記事タイトルは読者の「読む、読まない」の判断に大きく関わってまいります。

 

読者はどんなタイトルだったら「読みたい!」と思うのか?

 

経験上、少し「毒づいたタイトル」の方が、読者の反応が良いです。

 

タイトルを見た瞬間に「おっ!」と思ってしまうので、「ちょっと読んでみようかな?」となるのかも?(笑)

 

みなさんも読者心理を考えながら、記事タイトルを考えてみてくださいね!

 

「ブログやSNSの発信を通じて自分のファンを増やしたい!」
「自分の夢や想いを多くの人に伝えたい!」

その一方で「発信をしたいけど、文章を書くのが苦手だから……..」と、伝えることをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?

私は、ビジネス書書評ブログ「ビジネス書のエッセンス」を7年間もの間、執筆してまいりました。

そんな私が7年間のブログを執筆して思うことは、「”書くスキル”を身につけることは、一生の武器になる!」ということです。

このブログでは「”書く”を自分の武器とする」ために必要なスキルやマインドなどを伝えてまいります。

このブログがあなたの「書くのが苦手」が少しでも払拭し、あなたの夢の実現のために「”書く”を武器にする」お手伝いができればうれしく思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterでまなたけをフォローしようをフォローしよう!

↓「相手の心に刻む文章を書きたい!」というあなたの応援のクリック、よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

申し込みボタン



メルマガボタン